湘南メディカル記念病院(両国)の症例写真 詳細ページ

CLINIC クリニック案内

CLINIC クリニック案内

TEL:0120-979-654

東京都墨田区両国二丁目21番1号
(JR中央総武線 両国駅西口 徒歩0分)
(都営地下鉄大江戸線 両国駅A4出口 徒歩7分)


当院は湘南メディカル記念病院
3階にございます
※両国ビューホテルの左隣り

ドクターインスタ
スタッフインスタ
最新情報・施術関連
フォトギャラリー

当院の症例写真は、画像処理により形や大きさを変えるような処理は一切おこなっておりません。


【二重・二重整形】【☆世界レベル☆形成外科専門医:山口憲昭@両国・湘南メディカル記念病院、大阪心斎橋院】技術指導部やまぐち先生が、最上級の仕上がりをダウンタイム極短でしあげます★同じ埋没でもその差を実感していただけます🎶

 山口 憲昭 医師 このドクターに相談する

  拡大する 拡大画像  
  術前  
  拡大する 拡大画像  
  とってもキレイに♪  

当サイト内に掲載されているモニター様の画像は全て許可を得て使用しています。
無断転載、複製、複写、盗用を固くお断りします。

はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加 google bookmarkに追加 niftyクリップに追加 livedoorクリップに追加 Buzzurlに追加 

前のページに戻る


ドクターからのコメント

埋没法についてです!

糸だけで二重にしちゃう埋没法は
日本で開発されたとっても素晴らしい治療法です。

これは、歴史的には、100年ほど前に
逆さ睫毛の治療として応用されたところに
起源があります。

美容外科に応用されたのは、昭和時代。

この頃は一子相伝の極めて秘匿性の高い治療だったわけで、

手術室には入室制限がかかるほどのものでした。

とはいうものの、人の口に戸は立てられぬ。。。
というわけで、情報を聞き出した先生方が広め、

徐々に、アジア諸国に広がっていきました。
現在では、ほぼだれでもコツさえ掴んでしまえばできる埋没法。
私としては、靴の紐を結ぶ感じです。

なので、こだわりとしては、デザインですね。
これは、実際に糸を入れてどのようになるのかを
シミュレーションした上で、忠実にそのデザインに一致させて手術を行います。

腫れ具合に関しては、糸の締め方やデザインの取り方、またお客さんご自身の毛細血管、
脂肪の量などによって大きく異なります。

もちろん、皮膚を切開する方法に比較して、
裏側から入れる(経結膜法)方法の方が皮膚での炎症やむくみが起きないので、腫れは少ないです。

とはいえ、人の体ですから、内出血しやすい人は、
出てしまいます。

とくにご高齢になりますと、血管壁の老化で
ちょっとした刺激でも血液が漏れ出てしまいます。

この簡単手術の埋没法も実は実は奥の深い歴史や
コツがあるのでした(*`゜w゜´*)